2018-06-16

FF14 パッチ4.3のメインクエストは「MMOなのに、ヨツユの心情をここまで描いて終わってくれるとは思わなかった」と高評価

Tags



スポンサード リンク


ー公式で4.3討滅戦情報を伏せていたが、プレイヤーがそこを汲み取ってくれて感動した
ー隠されすぎて、いつ公表しようかわからなくなってしまった


4.3実装前 ヨツユが死なずに記憶を失って生きていたという部分に対して
ー「どう落とし前をつけるつもり?」
ー「『FFXIV』は人を殺せなくなってきているのでは?」といった批判的な声が多かった
ー「ヨツユ関係が1パッチでどうかなるとは思えないけど」

4.3実装後
「MMOなのに、ヨツユの心情をここまで描いて終わってくれるとは思わなかった」


『ファイナルファンタジー』シリーズとしてストーリーにそれだけ思い入れや感動を持ってもらえて、とてもうれしく思いました。
そして、ホッとしたと同時に、真っ先にスタッフへ「よくやった」と話をしに行ったのを覚えています


ーパッチ4.0のラストを決めた時点で「誰が生き残って誰が死ぬのか」というのが確定
ーパッチ4.0の開発中には、パッチ4.3の内容は決まっていました


今の世の中は勧善懲悪ではないという考え
ー敵にも己の正義があって、歴史や教育によってその正義は変わる
ーヨツユはドマの人たちから見ると悪逆非道、彼女がそうなってしまった原因もドマにある


今回描きたかったテーマは、「罪はいつか報いを受けなければならない。だが、記憶を失っている場合の罪はどこにあるのか?」というものです。パッチ4.0のラストシーンでゴウセツが言う「天はまだ、拙者に成すべきことがあるとでも申すか?」というのは、そこからパッチ4.3の最後のシーンまでつなげてあります。開発チームは、それをよく表現してくれたと思いましたね。プレイヤーのみなさんも、そこをきちんと感じ取ってもらえてうれしかったです。


電撃ーhttp://dengekionline.com/elem/000/001/745/1745089/


スポンサード リンク


EmoticonEmoticon